金運がある人とない人って本当か

金運がある人とない人って本当か

銀行などを中心として回る「金融」は現代社会を構築していくうえで欠かせない存在となっています。

金融が存在しているからこそ企業にはお金が回るようになっており、その企業から給与が支払われるようになっているのです。加えて、現代の金融においては企業の資金調達手段としての役割のほか、消費者にとっての「金融資産運用」というような役割も持つようになっています。

英語を勉強するには、教材の内容が大事

金融資産を的確に運用することができれば利益を出すことができますし、その利益が大きければ、企業などに勤めずにして生活していくこともできるようになるでしょう。とはいえ、そうした生活を誰もができるというわけではありません。

だれも働かずに全ての人が投資だけをして生活をしていくということは社会の仕組み上、もちろん不可能ですし、さらに投資においては必ず「成功と失敗」があります。

気になったものはブログの買取実績や無料相談で確認

金融への投資は全て自己責任で行わなくてはなりませんから、そこで成功を収めたのであれば財産を獲得できる反面、失敗したのであれば投資をした分に応じた損失を生むこととなるのです。そしてこれについては「成功をしたい」と思ったからと言ってできるものではありません。中には「金運がないから成功はできない」と考えているような人もいます。

しかし、本当に金融の業界において「金運」というものはあるのでしょうか。こうした運勢というものが非常に抽象的であり、手で触れることができる物質ではない以上、その存在を一概に否定することはできません。実際の心理学においてもこの「運勢」については長年の研究対象とされていますし、その実態は明らかになっていない部分があります。

ですが果たして、そういった目に見えない抽象的な存在に縛られるほどの必要があるのかと言われれば、疑問を抱かずにはいられないでしょう。
もちろん自分で「今日は運の巡りが悪いからやめておこう」というように考えることは良いのですが、赤の他人から「あなたは運がないから投資はしない方がいいですよ」と言われてうなずける人がどれだけいるでしょうか。

[ベンチャーサポート税理士法人]にご相談下さい

また「運がない」ということが「知識や経験が蓄積できない」ということとイコールになるわけではありません。金融業界は常に多くの人と社会の動きによって構築されているのですから、知識と経験があればその後の動きをある程度予測することは不可能ではありません。
事実として、投資家として活動している人はそれまでの株や貨幣の値動きを見て、自身の知識と経験に照らし合わせて投資を行っているのです。一見して金運に優れた人に見えたとしても、その人が直感だけで投資をするということはないのです。

金運というものの存在を否定することはできないものの、それに過度に縛られるということは必要ありません。金融業界においては殆どの場合、金運があるかどうかよりも、知識と経験があるかどうかが重要になってくるのです。